ピンバッジの製作をオリジナルにて承ります。子供から大人まで大好きなピンズを格安にて作成致します。

バッジ工芸

バッチは企業や団体をはじめ、個人やクラブの方まで多くのフィールドで作成されています。

ピンバッジを製作する目的は企業のPRや新商品プロモーショングッズ、個人のお祝い事の記念品など多様に及んでいます。

  • フリーダイヤル0120-17-5151 営業時間:9:00〜21:00(平日)10:00〜18:00(土曜)日・祝休み
  • バッジ工芸へのメールフォームはこちら。24時間・365日受付中!!
  • バッジの激安お見積り依頼はこちら
  • バッジへの詳しいお問い合わせはこちら
毎週水曜日の営業時間が変わります。9:00〜19:00に変更になります。水曜日以外は通常通りです。
  • ピンバッジ実績多数
  • 既製型ピンズ
  • オフセット印刷

オリジナルバッジ製作の世界へようこそ

バッジ工芸では、企業のPRイベントやキャンペーンの激安ノベルティグッズとして特注配布されるのや、様々な大会の記念品がプリントされ、また個人的なお祝いなどの贈答用のプレゼントとしても作成されることが多いピンバッチ,ピンズを、お客様のオリジナルデザインで格安価格でご提供する名入れ通販専門販売サイトです。

製品加工例

ピンバッジの製法もこのように様々なものがございますので、その中からお好きな格安製法で、お役様のイメージや、バッヂのオリジナルデザインに合わせてご自由にお選び頂くことが可能です。また、ピンズの名入れ製作・作成における疑問点やご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。弊社の制作販売専門スタッフが親切・丁寧にご案内いたします。

  オフセット印刷 既製型ピンズ エッチング加工 スタンプ 研ぎエポ
変型形状 ×
デザイン制限
納期
(25日以内)
小ロット
(30〜100個)
×
大ロット
(1000個〜)
×

バッジ取り扱い商品一覧

バッチ工芸では、余分な中間マージンを省いてオーダーから発注まで一貫して行っておりますので、激安価格でのオリジナルピンズ作成が可能です。またバッヂ専門店の当社では、大きく分けて以下のように、プリント印刷タイプと凹凸タイプの2種類のピンバッチがございます。まずはそのどちらかをお選び頂いた後、更に詳しい製法を選択頂くとわかりやすいかと思います。

プリントタイプ
オフセット印刷・既製型ピンズについて詳しくはこちら
凹凸タイプ
エッチング加工・スタンプ製法・研ぎエポについて詳しくはこちら

ピンバッジの実績一覧

当社で過去にオーダー作成させて頂いたオリジナルピンバッジの一覧がこちらになります。バッチ制作の名入れ印刷の参考までにご覧下さい。またもちろん、これらと全く同じ製法でお作りすることも可能となっておりますので、お気軽にご相談下さい。

実績画像一覧はコチラ

  • バッジの激安お見積もりはこちらから
  • バッジのお問合せはこちらから

新着情報

2015.02.26
サイトをリニューアルいたしました!
2013.07.30
「用語集」に「画像解析度」を追記いたしました!
2013.07.10
「用語集」に「AI形式」を追記いたしました!
2009.04.21
「バッジ工芸」オープンいたしました!

ピンバッジの話

日本でも古くから製作され人々の間で親しまれているオリジナルピンバッジは、世界的にはピンズ(Pins)と呼ばれることが多く、日本のような呼び方のところは少ないそうです。

この激安ピンバッジ作成の起源は古く、1900年代初頭の軍の勲章や記章にあると言われているそうです。日本には1960年代、ベトナムの帰還兵が横須賀に戻ってきた際、自分たちの所属部隊のオリジナルキャラクターやロゴのプリント印刷を格安ピンズにして兵たちの遊びとしてオーダーが流行っていたのだそうです。

そんな中、同時期にベトナム戦争の反対を訴えかける日本市民はアメリカのワシントンポスト紙に、大きく日本語で「殺すな」と書いた全面意見広告を作成し出しました。これは当時のアメリカ市民にも、強いインパクトを与えたそうです。呼びかけたのは淡谷のり子、永六輔、小田実、開高健、加藤芳郎、桑原武夫、小松左京、鶴見俊輔、松本清張、といった著名人たちで、文字を書いたのは有名な画家、岡本太郎さんでした。その後、その文字を使ってプリント製作された「殺すなバッヂ」は爆発的に売れ、デモ以外にも日常的にピンズをつける人も多かったのだそうです。

その後、1980年代に入ってパリやニューヨークでアールデコ風の特注ピンバッチがブローチとして印刷制作され激安ファッショングッズとして出現しました。1984年のロスオリンピックでは、これに目をつけたコカコーラ社がオフィシャルグッズとして大々的にバッチをマスコミに販売したことが大好評だったため、 1992年フランス・アルベールビル冬季オリンピックで協賛企業の多くがオリジナルプリント作成のピンバッジをオーダーしたところ、さらに人気に火がつき、一大ブームになりました。また、ファッションデザイナーのピエールカルダンが海外の格安土産に持ち帰り、経営するレストランの支配人にバッヂつけさせたところを、テレビで放映され、ピンズが有名になったという説もあります。

発揮できるピンバッジの効果

格安なのに本格的な、エッチング製法でオリジナルピンバッジを名入れ作成すれば、おまけとして利用できる気軽な売り上げアップアイテムに。

ピンバッチは激安価格と繊細フルカラーなオフセット印刷で名入れ作成すれば、写真やアニメイラストを忠実にプリント出来るから、オリジナル物品販売用途としても。

また、本七宝式のピンバッヂも特注でオーダー名入れ製作が可能ですので、見た目や品質を重視したい社章や贈答用としてもご利用頂けるなど、印刷方法・製作方法が多彩な卸通販専門店だからこそ、お客様のアイデアの数だけオリジナルにピンバッチ作成して頂けるかと思います。

加えて、用途別に留め具を選べる他、キーホールダーやストラップ、ネクタイピンにメダルなどなどのピンバッジ以外の形としてもご利用頂けるように作成加工する事も出来、より一層オリジナルバッチの使用の幅が広がるはずです。

  • バッジの激安お見積もりはこちらから
  • バッジのお問合せはこちらから