バッジに関する用語集|ピンバッジの製作をオリジナルにて承ります。子供から大人まで大好きなピンズを格安にて作成致します。

バッジ工芸

バッチは企業や団体をはじめ、個人やクラブの方まで多くのフィールドで作成されています。

ピンバッジを製作する目的は企業のPRや新商品プロモーショングッズ、個人のお祝い事の記念品など多様に及んでいます。

  • フリーダイヤル0120-17-5151 営業時間:9:00~21:00(平日)10:00~18:00(土曜)日・祝休み
  • バッジ工芸へのメールフォームはこちら。24時間・365日受付中!!
  • バッジの激安お見積り依頼はこちら
  • バッジへの詳しいお問い合わせはこちら

バッジに関する用語集

ご注文をして頂く際に、知っていると便利な用語を集めました。

CMYK
主に印刷やカラープリンター利用されている方式です。藍色(Cyan)、深紅色(Magenta)、黄色(Yellow)、黒(blacK)の4色の配合比率を変化させて色を表現しています。
文字のアウトライン
イラストレーターで使用する操作方法で入力・編集した文字を図形化することを意味します。これにより、文字の編集は出来なくなりますが、特別な書体を持っていないパソコンやプリンタからでも同じ見え方で表示や印刷をすることができます。※データを入稿して頂く際は必須の作業となります。
DIC(ディック)
DICグラフィックス株式会社が発刊しているDICカラーガイド色見本帳に納められているカラーの総称。バッジを制作する際、このDICカラーナンバーで色指定を行って頂く事で、厳密な再現が可能になっております。
イラストレーター(Illustrator)
アドビシステムズ社が販売しているソフトウェア、イラストレーターになります。バッジ工芸では、制作に掛かる際、プリント印刷のデザインデータのご入稿をお願いしておりますが、その際、こちらのイラストレーターで作成されました、AIやEPSファイルでのご入稿を推奨しております。
PANTONE
全世界で使用されている色見本の事で、パントーンカラー色見本帳と言う物が販売されています。色合わせをする際には、この見本帳から該当する色を探し、同じ色になるようにインクなどを作ったりします。
入稿
デザインデータを当店へお送り頂く事を入稿と言います。入稿自体は無料ですが、入稿データの種類によっては、変換料が発生する場合がございます。AI形式か、EPS形式での入稿は変換料は発生しません。
AI形式
アドビシステムズ社が開発販売しております、イラストレーターで製作されたデータの拡張子です。バッジ作成の際は、こちらのデータでご入稿頂く事をオススメしております。
画像解析度
ピクセル(ppi)やドット(dpi)と呼ばれる単位で表され、1インチ内に置かれた画像データの総数を表しています。数字が高いほど、画質は良くなります。
  • バッジの激安お見積もりはこちらから
  • バッジのお問合せはこちらから